妊娠線ができるまでの過程を紹介しながら、最適なケア方法を紹介します。

妊娠線ができる過程

妊娠線は一瞬でできます。徐々に浮かび上がってくるというよりも、ビリッと布が破けてしまうのに似ています。
ですが痒くなる、などの事前の予兆もあります。
妊娠線を作らないためにも妊娠線のできる過程をしっかり理解して、現在妊娠しているママは予防ケアを選んでいったほうが良いでしょう。

いったいどのような過程をたどってできるのか見ていきましょう。

shutterstock_159414320

1、遺伝的要因

まず妊娠線はできやすい体質なのか、できにくい体質なのか、と分けられます。
妊娠線自体、遺伝的要因もあると言われていて、親族に妊娠線のある人がいたらできやすいと疑ったほうがよいでしょう。
ですが遺伝的要因が重なったとしても、厳重なケアをすることで妊娠線を防ぐ事は可能です。
遺伝的要因の詳細はコチラです。

shutterstock_155751383

2、肌質の問題

肌質は遺伝的要因もありますが、環境によって変わったり、体質改善することで、乾燥肌やアトピー肌も
普通肌のように潤いを保つことができます。
肌質を改善する場合は食生活やライフスタイルから見直さなければいけません。

shutterstock_151946024

3、妊娠初期から気をつけたいこと

妊娠初期にはまだ大丈夫だろうと妊娠線予防ケアをしない妊婦さんが大半です。
だいたいがお腹が大きくなりはじめる4ヶ月〜妊娠線予防をする場合が多いです。
ですが妊娠初期から肌の違い、身体の違いは起こってます。
気をつけたいポイントはコチラです。

食べ過ぎ_201738968

4、妊娠中期に気をつけたいこと

妊娠中期に妊娠線予防ケアをする妊婦さんが多いです。
予防ケアの方法も様々です。
自己判断での妊娠線予防ケアでうっかり妊娠線ができてしまったという方も多いです。
気をつけたいポイントはコチラです。

悩むshutterstock_52086766

5、妊娠後期に気をつけたいこと

妊娠後期は一番妊娠線ができやすいと言って過言ではないでしょう。
まず妊娠線のできる原因の一つ、肌の伸縮があります。
お腹の赤ちゃんの成長とともに皮膚がひっぱられ、表皮は伸びることに対応できても真皮がついていけず裂けてしまうのです。
この際に取り入れたいスペシャルケアをコチラで紹介します。

アーカイブ