妊娠線ができるまでの過程を紹介しながら、最適なケア方法を紹介します。

妊娠初期から気をつけたいこと

shutterstock_189611009

初期のケアが要にもなる

妊娠初期に妊娠線予防を行っている妊婦さんは少ないようです。
一般的にお腹の大きくなる4ヶ月目〜ケアすることが推奨されている傾向にあります。
ですが妊娠線はお腹が大きくなるから、皮膚が引っ張られるからできるという原因だけではありません。

shutterstock_172947323

肌の奥からのケアを初期から行うこと

それは肌が本来の持ってる力が妊娠によるホルモンバランスの変化で、コラーゲン生成する力が弱まってしまいます。
そのことで、肌が乾燥したり、くすんだり、黒ずむということもあります。
妊娠によるホルモンバランスの変化で起こる現象で悪阻などはよく一般的に聞きますが、
肌質の変化も起こるということを知らない妊婦さんも少なくありません。
なのでいきなり肌が黒ずんだりくすむことに焦ってしまうこともあるでしょう。
このホルモンバランスの件で起こる肌トラブルは出産後元に戻ることが大半のようです。

shutterstock_43487785

妊娠線はできてしまったら簡単に消せない

ですが妊娠線だけは違います。できてしまったらそう簡単には消せません。
できるだけ作らないように妊娠初期から気をつけていくことが大切です。
気をつける手段としては、妊娠は発覚する前から生活習慣や食生活が見直せていたらベストですし、
妊娠が発覚した時点で生活スタイルを無理のない範囲で見直していくこと、
具体的に妊娠線のできやすい部分をケアしていくことです。

shutterstock_110071247

初期の予防方法

方法としては妊娠線予防クリーム、妊娠線予防オイルを塗るなどあります。
妊娠線予防クリーム、オイルは種類も様々で、どう効果的にケアできるか考えて検討する必要があります。
この妊娠初期のケアとしては、肌の真皮からポテンシャルを上げておくことが大切です。
できるだけ真皮からケアできるクリーム、オイルなどを選びましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ