妊娠線ができるまでの過程を紹介しながら、最適なケア方法を紹介します。

妊娠後期に気をつけたいこと

shutterstock_131919485

できやすい時期

妊娠後期は一番妊娠線ができやすい時期です。
よく妊娠9ヶ月目でできなかった!!と喜びの声を上げている人を見かけますが、
妊娠線は急激な皮膚の伸縮で実質起こります。
なので出産後でも気をつけたいぐらいなのです。

shutterstock_129430532

気を抜かないケアが必要

特に9ヶ月目など要注意時期です。
特に気をつけるべき時期でしょう。
具体的に気をつける方法としては、妊娠線予防クリームで保湿中心のもの、を塗っていた方は、できるたけ真皮からケアできるものに切り替える、クリームのみ(もしくはオイルのみ)使っていた方は両方併用して使ってみるなどしてみましょう。
クリームは専門的に、効果的に働く成分が入っていますがオイルは保湿に優れていたり、有効成分を真皮まで届けるブースター効果を発揮したりします。

shutterstock_138740990

妊娠後期は集中的なケアを心がける

なので妊娠線予防に本気を出す場合は後期に併用して使うなども良いかもしれません。
後期は本当にできやすく、できなかった〜と安心したのもつかの間、いつの間にか自分で見えないお腹の下側にできていた!ということもあり得ます。
気を抜かないでケアのクリームやオイルを塗る回数を増やすのも良いでしょう。
増やすことで一日中潤いに満たされ伸縮に力が加わっても対応できるようになる可能性があります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ