妊娠線ができるまでの過程を紹介しながら、最適なケア方法を紹介します。

遺伝的要因

2015.09.29

2件

shutterstock_159414320

遺伝的にできやすいということ

妊娠線ができやすい体質、できにくい体質があります。
それには遺伝的要因も含まれます。
遺伝的要因があるかどうか確認できる方法は、親族に妊娠線のある人がいるかどうかです。
母親、お姉さん、妹、など近しい親族の方に妊娠線があったら自分自身もできやすいと疑ったほうが良いでしょう。

shutterstock_151215425

妊娠線の原因は一つではない

妊娠線はただ皮膚が引っ張られてできるものではないということです。
そこには肌の構造が関わってきます。
肌は複雑な構造で成り立っていて、表面から下にいくまでに何層もの皮膚に分けられます。
妊娠線とは表面にできるものではなく、奥深くの真皮にできるものです。
なので皮膚の構造から考えて妊娠線予防をしていく必要があります。
生まれ持った肌の伸縮の違いもあるでしょう。

shutterstock_131910767

必ずしも遺伝だけではないのでご安心を

ですが遺伝的要因でできやすい体質の方は確かにいますが、親族に妊娠線があったからといって自分自身に必ずしもできるという訳ではありません。
妊娠線は基本はしっかりケアをすると限りなく防げるものだからです。
もしくは軽く数本の線だけですむでしょう。

shutterstock_189611009

しっかりとしたケアが必要

遺伝的な要因があると解った時点で、更にしっかりとケアを気をつけることができれば大丈夫でしょう。
あきらめずに、投げやりにならずに、集中的なケア方法を目指すことが大切です。
もしできてしまった場合でも、現在は薄くする技術もあります。
昔は妊娠線ができてしまったら消えないと言われていてあきらめたりした方もいたでしょうが、現在は仮にできてしまっても産後のアフターケアをすることで、出産前の肌に戻れたという方も少なくありません。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ